i-livechat Webチャットシステム 機能紹介

スカラコミュニケーションズが提供するi-livechatの主な機能は以下の通りになります。

対応可能時間設定 オペレータが対応可能な時間帯を事前に設定することでチャットのポップアップ表示を制御できます。
時間外にはチャットをポップアップ表示しない、または特定のメッセージを表示できます。
人数制限、複数人機能 オペレータ毎の対応可能人数の上限を設定することが可能。
(1人のオペレータで複数人の対応ができます)
対応可能なオペレータがいない場合、ポップアップ表示をしません。
ダウンロード機能 会話履歴を管理サイトよりまとめて閲覧・エクスポートすることが可能。
管理サイトの権限 以下の権限の管理サイトユーザを作成できます。
オペレータ : ログイン/ログアウト/チャット入力
管理者 : ログイン/ログアウト/履歴確認/対応状況確認/設定変更
途中入力内容表示機能 ユーザが入力途中の文章でもオペレータ対応画面に表示します。
滞在時間設定、特定URL登録機能 滞在時間に応じてポップアップでチャットを表示させる機能や、特定のページで表示させるなどの条件が設定可能。
チャット禁止機能 迷惑ユーザにはチャット機能を非表示にすることが可能。(Cookie管理)
管理者による、オペレータのモニタリング機能 オペレータの対応状況や、会話履歴を管理者がモニタリング可能。
他オペレータの引き継ぎや対応依頼機能 他のオペレータに対応を引き継いだり、依頼する事が可能。
定型文登録機能 定型文の登録が可能です。オペレータ毎に個別の登録も可能です。
メッセージ受付フォーム オペレータ不在時は、メッセージ受付フォームとして動作させる事が可能。
禁止用語検出機能 オペレータが入力した内容で禁止用語を使用している場合、オペレータに注意喚起を促すメッセージが表示されます。
i-searchをご利用中の場合 「i-search」をご利用頂いている場合、サジェスト機能のJavascriptを介しての導入が可能なため貴社作業は不要です。
メッセージ自動送信機能 メッセージを自動送信する条件を設定することで、チャットウインドウを開いたユーザへ自動でメッセージを送ることができます。

i-livechat

Webチャットシステム